晴れを待ちわびて

こんな考えでも生きていていいですか?というちっぽけな叫びです。

更新していない間

昨日の夜、観劇に行った。

私の後輩が大道具に参加しているというので、観に行った。

 

私の後輩は、東京で専門学校に通い、

裏仕事を学んでいるとは聞いていたけれど、

高校演劇で一緒にやっていた時より、

明らかに力をつけているのが目に見えて、

嬉しいと同時に、少し切なくなった。

 

それは自分の不甲斐なさだった。

私はこんなに成長していないから。

 

一昨日からずっと死について考えていた。

昨日の夜、国道沿いでバスを待っていた時、

引き寄せられるように道路に飛び出そうとした。

 

どうにか自分で引き留めたから何もなかったけれど、

心は既に飛び込んでいた。

 

もしかしたらその後輩と会話するのが最期かもしれないから、

背中を押す言葉だけをメッセージに添えた。

 

27日に地元の温泉が出るホテルに宿泊することになった。

それまで私は生きなきゃいけない。

いや、親にお金を返すまで、死ぬ権利など私になんてないのだ。

 

それでも私は死の淵で

今にも落ちそうな線の上を歩いている。