晴れを待ちわびて

トラウマを抱え、自律神経失調症になりながらも、懸命に毎日生きていく日常ブログです。

理想の家族と現実に居る家族

理想のお父さんは、日曜大工が出来る人。物知り。

理想のお母さんは、料理上手。手先が器用でピアノなんかを教えてくれる人。

理想のお兄ちゃんは、優しくて、色んなことを教えてくれる人。

理想のお姉ちゃんは、兄弟とも仲良くて、服を妹なんかと交換し合いっこできる人。

 

理想と並べると、少しおびただしい文章になってしまったが、

大体これがドラマで描かれる理想だと思う。

 

でも私の現実の家族は、

おとうはいつも不機嫌で口下手で、車をガッと飛ばすような人。

本当は優しいのに、強い言葉を使って、自分が傷つかないように守っている繊細な人。

 

お母さんは、脳梗塞で倒れて、手足が不自由になり、

凄く苦労しただろうに、毎日料理を作ってくれる。

 

正直、味が薄かったり、濃かったりはするけれど、

してくれるだけでありがたいよな、

なんて思うけど、素直にありがとうと言えたことはない。

ダメだよな。

 

過干渉で過保護なのがちょっと困るけど、

凄く優しい人。気遣いが出来すぎるから、ストレスを多く抱えていると思う。

長生きしてほしい。

 

お姉ちゃんは、勉強ができる人。

人の変化に敏感で、その鋭さと正義感みたいなモノが

先走って、職場の人たちに何か強い言葉を掛けていそうでちょっぴり怖い。

 

しっかりしているように見えるけど、

本当は甘えたがりで、少し弱い部分がある。

そこを旦那さんに見せることが出来ているとしたら、

妹としては安心。

 

もっと、素のお姉ちゃんで居てほしいな。

お姉ちゃんだからこうしなきゃ、とかじゃなく、

自分の人生を生きてほしい。

 

私のお兄ちゃんは、

うちの家で一番勉強ができる人。理系で少し理屈ぽくて、

やたらうんちくを言ってくる。少し回りくどいけど、

思春期に反抗期が来なかったのは、姉と妹の狭間に居たから。

 

今、反抗期が来ているお兄ちゃんは、

お母さんに強く当たる。

 

ごめんね、お兄ちゃん。

私、みんなの足を引っ張らないように生きてきたつもりだけど、

たぶん迷惑かけたよね。

 

やりたいこと、会うたびに変わっているけど、

たぶん兄の中ではもう決まってるんじゃないかな。

たぶん、「やってみなよ」と後押しが欲しいんじゃないかなと思ってるけど、

私は妹だからそんなこと相談されないし、

良い友達とか恋人に背中押してもらえたらいいな。

 

凄く優しいから、優しすぎるぐらい優しいから、

お兄ちゃんの性格もうちの家族のことも分かってくれる、

優しい恋人が傍に居てくれたら、凄く安心です。

 

 

うちは兄弟仲が悪いし、

家族仲もいいワケじゃないし、

私もムキーッとなる瞬間が多々ある。

 

でも奥底には、

やっぱり家族だから。と想う瞬間がある。

 

いつか、ちゃんと「ありがとう」と言えますように。