晴れを待ちわびて

トラウマを抱え、自律神経失調症になりながらも、懸命に毎日生きていく日常ブログです。

私はそっと抱き寄せてくれる人を待っているのかもしれない

今日の深夜1時。寝床に入り、私の不眠症を改善した、

youtubeで語り掛けるようなボイスを聴きながら、

いつものように朝を迎えようとした。

 

そのボイスは更新されたばかりで、

思わず聞き入っている感覚がしたとき

「これは楽しんでしまって寝れないんじゃないか」と一抹の不安を抱いたが、

それを無視し、そのまま続けた。

 

内容は急に不安になってしまった子に、

背中を撫でてあげたり、声を掛けるという内容だった。

 

その時、特別悩んだことはなかったが、

その優しい声を向けられたことが無い私にとって、

それはある意味の救いで、

 

その救いを報われなかった過去に向けた時、

浸潤していた記憶が血液を巡り、じわじわと脳内を支配し始めたのだ。

 

母が倒れた後、

暖房の前で座り込んでいた時。

 

幼稚園か

学校に行きたくないと座り込んだ場所。

 

リハビリに向かおうとする

母を止めた場所。

 

未だにそこに座ると思い出してしまう過去。

 

過去なんて忘れて~。という言葉があるが、

私は忘れたくても忘れることができないのだ。

 

だって、もう身体に刻み込まれているのだから。

何度も抗って、何度も違う記憶で上塗りしたけど、

「うまくいく」と思った矢先に剥がれていく。

 

その残酷さを経験すればするほど、

絶望するから、もう抗わないことにしている。

 

私は1つ神様にお願いしたいことがある。

本当は2つだけど。

 

生涯で1人だけでもいい。

この人だ、と思う人とお付き合いさせてほしい。

 

そして、その時に、

今までの辛かった過去に対して、

アドバイスとか改善策なんて言わなくていい。

 

ただ抱き寄せて、

その温もりで、記憶を一瞬だけ遠ざけてほしい。

 

温もりは、その時だけでなく、

きっと未来にも影響する力だから。

 

特別なことはいらない。

ただ抱きしめてほしい。それだけで大概のことは報われる。

自分の心がそうつぶやいているのだから、きっとそうだ。

 

何度も死にそうになったり、

お湯と冷水の中を行ったり来たりするような、

地獄の中生きてきたのだから、

 

それぐらい叶えてよ。

 

なんて、友達でもない神様にため口で語り掛けるほど、

私は切実なのだ。

 

もし過去へ遡れるなら、

母が倒れたと知った時に行って、抱き寄せたい。

 

過去は変えなくていい。

辛い目にあってしまうけど、

そう考えると心苦しいけれど。

 

ただ抱き寄せられるだけで、

同じ出来事が起きたとしても、

少しだけ違ったんじゃないか、と思うし、

そうだと思う。

 

あの時の小さな私を救えるのは私しかいない。

今も尚、あの時の自分をどうやったら救えるか考える。

 

幼かった私へ。

 

あの時、してほしかったことは何?

 

できないことでも、迷惑だとかそんなことを考えてしまう大人になる前に、

それだけ聞いておきたい。

 

本当にしてほしかったことは何だった?