晴れを待ちわびて

トラウマを抱え、自律神経失調症になりながらも、懸命に毎日生きていく日常ブログです。

首の跡が今をも私を苦しめる

去年私は首を絞めた。

そう死のうとしたのだ。

 

その跡が残っていると、

眉をしかめられながら、母や姉に言われる度に、

「そんなことない」と否定した。

 

でも何度も何度も言うから、

気になって鏡を見ると、

赤い斑点がいくつも首を上を赤く染めていた。

 

私は、その瞬間、

死のうとしたのに死にきれなかったモノ。

中途半端に生きているモノ。と自分を卑下してしまった。

 

その名残りが今も私を攻撃している。

 

私の下にある生と死の線。

どちらに足を踏み入れているのか分からない。