晴れを待ちわびて

トラウマを抱え、自律神経失調症になりながらも、懸命に毎日生きていく日常ブログです。

それでも、私は生きる

前回のブログは、どん底中のどん底だった。

 

その中、私は、今年こそは家庭菜園をやるぞ!と

自転車を漕ぎ、ホームセンターへ向かった。

スマホで検索しながら、土やらスコップやら必要なモノを籠に入れる。

 

本当に土これで足りる?これで合ってる?という不安と緊張が入り混じった。

 

始まりはいつも不安だ。

でも始めれば、楽しい。

 

それを証明してくれたのは、写真のように植えたあとの

なんとも言えない幸福感が包み込んだ。

f:id:umikyou:20220525011730j:image

 

これで1つ夢を叶えた。とじわりと幸せを感じた。

 

それから2週間ほどだっただろうか、

ついに芽が出た。

嬉しくて、思わず「芽が出た!!」と何人に連絡しただろう笑

 


f:id:umikyou:20220525011634j:image

 

育てているのは、

バジルやイタリアンパセリだ。

今年はパスタやピザをたくさん作るという目標がある。

 

そのため植えている。

ちなみにイタリアンパセリは育てるのが難しいらしいので、

苗から育てている。

 

お陰で、自分の作る食事に緑色が加わった。

これも小さな幸せ。

 


f:id:umikyou:20220525011755j:image

 

これはバジルのタネが余りにあまったので、

ペットボトルをカットして、穴を開けた。

でもぶきっちょだから少し割れてしまって、

テープで補強している。

 

今日の昼、これに残りの土を入れて、

またバジルのタネを入れて、芽が出るのを待つ。

 

ずっとペットを飼うと幸せになるという話を聞いていた。

でも命を育てていくということの重さに

中々踏みとどまれなかった。

 

何せ、肌も弱いので、犬や猫は飼えない。

 

昔はクワガタも飼っていたけれど――。

 

植物も生き物だ。

いつかは朽ちていくけれど、私はその姿も見届けると決めた。

 

生きる意味を見失っていた私に、

新たな命が傍に居てくれるお陰で、

何だか少し背中を包み込んでくれるような包容力を感じている。

 

勿論、毎日の浮き沈みは激しい。

笑ったり、泣いたり、悩んだり、

トラウマを思い出したり、何もできなくなったりする。

 

もう22歳なのに、

何度同じことを繰り返せば済むのかと自責するときもある。

 

それでも、こう思える内に書いておきたい。

 

「それでも、私は生きる」