晴れを待ちわびて

トラウマを抱え、自律神経失調症になりながらも、懸命に毎日生きていく日常ブログです。

ねえ、どうしてそんなに自信なさげなの?

洗面所の鏡に映る自分の顔が、

自信なさげだったことに気づいた深夜0時。

 

怒っても怖くないと言われ、

どうしたら怖がられるか考えた学生時代。

 

好きなファッションを楽しみたいのに、

地元で浮くのが怖くて、

それを見られているのではないか、というのも怖くて、

サングラスをして、自分を怖い存在にしようとしていた去年。

 

今まで、生きてきて、

学校では、何かとみんなの前での発表とか、

学芸会とか、常任委員長として、体育館のステージの上で

言葉を発したあの瞬間も、乗り越えてきたのは私。

 

なのに、どうして私は今も自信が無い?

 

その自信のなさは何かに怯えているようで、

救ってあげたいけれど、自分は分裂することができない。

 

私は心の底から、自分よりも他人の幸せを願っている。

他の人が幸せになるなら、自分が不幸になってもいい、と思ってる。

 

でもちょっぴり、

自分も幸せになりたいと思う。

 

温もりが欲しい時は抱きしめてくれる存在。

辛い時は電話してくれる存在。

昔話や笑い話を一緒にばかみたいにわらってくれる存在。

趣味を共有できる存在。

 

きっとみんなそんな存在を1人ぐらいいるはずなのに、

私は―――。

 

いつも、大事な存在が出来る。

友人や好きな人。

 

でもいつの間にか、その幸福は永くは続かず、

気づいたら、手の内からするりと逃げてゆく。

 

お願いだから、その幸せを、

みすぼらしくても、掴んでほしい。

 

そして、未来の私には、

あの頃の、小学生の時のような弾けた笑顔で居てほしい。