晴れを待ちわびて

トラウマを抱え、自律神経失調症になりながらも、懸命に毎日生きていく日常ブログです。

散り散りな心

更新していない間に色んなことがあった。

 

一番大きいことは家族のこと。

その次は、ようやく職を探そうという段階になれたこと、

保険料が安くなったこと、

 

そしてとりあえずバイトをして、

身体を慣らしながら、収入を得ようと、面接まで漕ぎつけたこと。

 

12月28日、兄が帰ってくる。

1月2日、犬猿の仲の姉と旦那さん、私達家族と兄で、ご飯を食べること。

 

これが最も私が懸念している出来事だ。

 

兄は6日まで実家に居るため、四六時中顔を合わせることになる。

ただでさえ、毎日おとうの機嫌悪さでモノに当たってる姿は、

それをため息まじりの顔で見つめている顔を見て、

ご飯は美味しく感じない生活をしているというのに。

 

次はどんな爆弾を抱えて帰ってくるのだろうか。

また荒らすだけ荒らして帰っていくんだろう。

 

その後始末をするのは、

姉ではない。実家に居る私だ。

 

つい数日前、限界の限界を超え、

また首をくくってしまった。

ひっそりとやったので、誰にもバレてはいないが、

自分で「あぁ、もう不味い」と気づいた。

 

そこまで私を苦しめている家族。

 

横浜に居る相棒から

「どうしてそこまで家族に執着するの?」と単純な疑問が返って来た。

 

相棒が言うに「海京は出来ることはしているし、話を聞いたところ、

海京の苦しみを解ってくれないと思う。傷ついてまで、家族を取り持とうとしなくていいんじゃない?」とのことだった。

 

私は「ただ家族同士が笑って過ごしてほしいから、

冷めきった仲が回復できると信じて21年間やってきた。

でも兄には『お前の理想を押し付けんな』と言われてから、

よく考えた。そして、こうまでしているのに、拒絶されたから、

もう頑張るの辞めた。もう家族が家族の形じゃなくなってもいい。

諦めることにした」

 

家族が家族であれないのは、

どんな事情であれ、悲しいことだ。

 

私はこんな悩みを家族に打ち明けることもできず、

横浜に居る相棒と大阪に居る姉さんだけに相談をし、

どうにか命を繋いでいる。

 

でももう、限界を超えている。

どうか、無事にその日を乗り越え、

バイトをして、自分の道が切り開けたらいいな。