晴れを待ちわびて

こんな考えでも生きていていいですか?というちっぽけな叫びです。

誰かは見ているから。

期待している時に限って、中々成果は得られない物。

でも、あまり期待していないときにフラッと振り向くと、

思わぬことが起きていたりする。

 

なんもないだろーとメールを開いたら、

このブログにコメントが書かれている、と。

驚きでいっぱいになった。

まだ嬉しい気持ちが追いついていない。むしろ怖いぐらい冷静。

 

でもきっと、今日夢の中へ行く前、

明日のバイト中、このことを思い出して嬉しくなるだろう。

 

私が中学生の頃のことだった。

当時私は、帰宅部で、なんかのなりゆきで整美委員(俗に言う美化委員)になった。

それからなんとなく続けた。

 

委員と言っても、年に何回か、

会議に参加するだけで、特に発言することもなく、

仕事をこなせばいいだけだからだ。

 

それにおまけとして、内申点も上がるのか。

勉強が嫌いだった私にとって、それぐらいでしか自分を表現できなかった。

 

私は誰に頼まれるわけでもなく、

というかそもそも好きだったのかすらわからないが、

年1で花壇に植えていた花たちのもとへ毎日通った。

 

行きに見、帰りに見ては、

日々を過ごした。

 

見つければすぐに雑草を取り、

帰りは水をやる。

 

そして、夏休み。

帰宅部で暇だった私は、家から10-15分ぐらいに中学校があったのもあり、

毎日通い、花壇を世話し続けた。

 

それが美徳であるとか、

そんなに凄いことだと思わずにやっていた。

 

それをし続けた結果、

私は学級新聞の一角に「夏休み中も花を世話をしていて~」と書かれた。

大変うれしかった。先生から褒められるのは凄く嬉しかった。

 

それに頼んでいなくても、

同級生たちが「水やっておいたよ!」とか言ってくれたりして、

交わることが出来たのが何よりもうれしかった。

 

時は色々交わってしまうが、

学級新聞に載ったのは確か、中3。

 

整美委員を続け、整美委員長として生徒会に入ったのは、中2。

委員長を引退した後も、委員として在籍した。

 

その頑張りがその人たちの「頑張り」にそぐうような形になるかは分からない。

でも、何時か、何かのプラスにはなるのではないか、と思う。

 

人生全てのことに意味があるかは分からないし、

意味をつけようと思えば、いくらだって付けれるが、

 

もし、今「何のためにやってる?」と思っていたとしても、

何時か先、「このためか」とストンと落ちる瞬間があるかもしれないと思う。

 

私は姉兄に比べて、学力も低いし、身長も高くないけれど、

この出来事だけは誇らしい。そう思える。

 

そういう積み重ねが、自分を少しだけ強くさせ、

生きる源になるのかもしれない、と今日こうして書いている今、思った。

適度に適当に。

更新していない間、色んなことがあった。

 

勿論、辛いことも、そして良いことも。

挑戦することの恐ろしさと楽しさも。

 

それを自分のペースで気ままに、

ゆっくりと書いていきたいと思う。

 

今年は適当に生きたいと思う。

適度に無理をして、適度に休む。

 

少し肩の力を抜いて、

自分の幸せのために生きる。

 

それが少しでも「今年、幸せな日いくつかあったなぁ」って年末に思えたら、

尚いいなぁ、と思っている。

 

適当とは、

広辞苑によると、

 

①ある状態や目的などに、ほどよくあてはまること。

②その場に合わせて要領よくやること。いい加減。

 

適当には色んな意味があるけれど、

私はテキトーではなく、適当に過ごしてみたい。

 

こんなブログ誰も見てないだろう、

なんて思ってたら、見ていた人がいることに気づいた。

 

自分の気持ちに余裕があるとき、

少しずつこのフィルターを通して、

書いていきたいと思う。

 

明日は、バイト!

この前よりも成果を出せるように。

お客様に「おいしかった」と言ってもらえるように。

頑張ろう。

散り散りな心

更新していない間に色んなことがあった。

 

一番大きいことは家族のこと。

その次は、ようやく職を探そうという段階になれたこと、

保険料が安くなったこと、

 

そしてとりあえずバイトをして、

身体を慣らしながら、収入を得ようと、面接まで漕ぎつけたこと。

 

12月28日、兄が帰ってくる。

1月2日、犬猿の仲の姉と旦那さん、私達家族と兄で、ご飯を食べること。

 

これが最も私が懸念している出来事だ。

 

兄は6日まで実家に居るため、四六時中顔を合わせることになる。

ただでさえ、毎日おとうの機嫌悪さでモノに当たってる姿は、

それをため息まじりの顔で見つめている顔を見て、

ご飯は美味しく感じない生活をしているというのに。

 

次はどんな爆弾を抱えて帰ってくるのだろうか。

また荒らすだけ荒らして帰っていくんだろう。

 

その後始末をするのは、

姉ではない。実家に居る私だ。

 

つい数日前、限界の限界を超え、

また首をくくってしまった。

ひっそりとやったので、誰にもバレてはいないが、

自分で「あぁ、もう不味い」と気づいた。

 

そこまで私を苦しめている家族。

 

横浜に居る相棒から

「どうしてそこまで家族に執着するの?」と単純な疑問が返って来た。

 

相棒が言うに「海京は出来ることはしているし、話を聞いたところ、

海京の苦しみを解ってくれないと思う。傷ついてまで、家族を取り持とうとしなくていいんじゃない?」とのことだった。

 

私は「ただ家族同士が笑って過ごしてほしいから、

冷めきった仲が回復できると信じて21年間やってきた。

でも兄には『お前の理想を押し付けんな』と言われてから、

よく考えた。そして、こうまでしているのに、拒絶されたから、

もう頑張るの辞めた。もう家族が家族の形じゃなくなってもいい。

諦めることにした」

 

家族が家族であれないのは、

どんな事情であれ、悲しいことだ。

 

私はこんな悩みを家族に打ち明けることもできず、

横浜に居る相棒と大阪に居る姉さんだけに相談をし、

どうにか命を繋いでいる。

 

でももう、限界を超えている。

どうか、無事にその日を乗り越え、

バイトをして、自分の道が切り開けたらいいな。

 

理想の家族になれない。

今日は色んなことがあった。

本当に色んな事。

 

今まで溜めていた苦しみや切なさ

哀しみを吐き出した。

 

でも寄り添おうと言いながらも、

その皮を剥がすと「そういわないと解決しないから」という

解釈が含まれている言い方。

 

「これはわかってくれない」

 

これも勝手な主観だと思うが、

私はもう理想の家族でいることを諦めた。

 

いつかまた理想を抱くかもしれない。

でも今日という日、今日は諦めた。

 

理想の姉兄ということも、

家族ということも、もうあきらめた。

 

私は私の人生を生きる。

 

もうそれぞれの人生に関与し、

心臓を傷めるまで、

思いつめるのをやめようかと思った。

 

できるかわからないけれど。

 

 

書けない

ブログも小説も書けないで居た。

今も書けないという言葉を書くことでしか書けない。

 

その間にハン・ソッキュが出演している

八月のクリスマス」と「シュリ」(2度目)を見た。

 

今年の上半期は、ほぼ毎日映画を観ていたからなのか、

その反動でここ数か月は月に10本以下になっている。

 

バイト先を探している。

どこで働くべきなのか、まだ私には分からない。

 

血を吐くように生きている

「最近どう?」そう聞かれた私は「血を吐くように生きている」と答えた。

 

色んな心労が私を追いつめている。

 

親への借金返済、いらないものをフリマアプリで売って、

貯蓄すること、

 

年始には仲良くない兄と姉が

一緒にご飯を食べる光景を見つめなければいけないこと。

 

バイトするために色んなことをしなければいけないこと。

 

当たり前だけど、

その心労が私を追いつめている。

 

ここ数日、凄くしんどい。

月に一度の泊まり

つい先日、母と話し合ったことがある。

月に1回、市内のホテルに泊まってもOKで、そのお金は母が出してくれる。

 

家から出たい気持ちと、

何回か泊まれば、何かが貯まるという欲求からお願いした。

 

両親には申し訳ないと思ってる。

お金の件もだし、一人暮らしをしたい、家を出たいと思っていること。

 

実家にいる最後の娘だから、

ちゃんと親のことを見なきゃダメなのに。

 

私は、兄も姉も「もうだめになるかも思ったから家を出た」と

打ち明けた時、私も同じことしたい。させてくれよと思ってしまった。

 

こんな娘でごめん。

何か誇らしい面を持てるように頑張るから。