晴れを待ちわびて

こんな考えでも生きていていいですか?というちっぽけな叫びです。

傍から見たら楽しいはずなのに……

両親と姉夫婦との焼肉。何度目かの集まり。

楽しいはずなのに、味がわからなかった。

最近、好きだと気づいた牛タンも、

気になっていたハラミも、

元々好きなホルモンも、

 

全部、味がわからなかった。

 

会が始まって、すぐ私は目眩の兆候に気づいた。

そしてすぐ、目眩の薬を持ってきていないことに気づいた。

私はすぐにアルコールを飲み、そのふわふわで誤魔化した。

 

その後、追ってきたモノは、

虚無感と切なさだった。

 

大勢の中に居るのに、私は孤独だった。

周りは温かいのに、自分だけ冷たいような感覚がした。

 

涙がじわっと現れそうになったから、

どうにか防いだ。

 

アルコールのペースを上げたり、

とにかく食べたり、何度か席に立ったり、

姉さんとラインをしたりして。

 

楽しまなきゃいけないのに。

美味しいって言わなきゃいけないのに。

 

いや、

いつもなら美味しいと言う食事なのに、

 

どうして今日は味がわからないの?

 

 

それはこうやって文を書いている今さえも分かっていない。

 

また私は、

死の淵で歩いている。

 

一歩踏み間違えれば、真っ逆さまの場所で、

生きている。