晴れを待ちわびて

トラウマを抱え、自律神経失調症になりながらも、懸命に毎日生きていく日常ブログです。

恐怖と戦う日々

ある時、眠れなくなった時、私は睡眠導入剤を飲んだ。

 

睡眠導入剤の効力のまま、眠れればいいのだけれど、

そうじゃないとき、私は何かに操られたように、部屋を出て、

物を散策したり、衝動に駆られて、首を括ろうとしたことがある。

 

1割冷静な自分と9割がもうターンオーバーしている自分でこんがらがって、

段々その図が形勢逆転するのだけれど、それはもう止められなくて。

 

何度人に迷惑をかけたかわからない。

みんな「大丈夫」だというけれど。

きっと大丈夫じゃない。

 

幸い、家族はその姿を見ていない。

 

そうして私はその薬を断ち切ったのだが、

また眠れなくなり、苦肉の策で薬を服用することにした。

 

最近は薬を飲むと、首はくくらないのものの、

あまり好きじゃないお酒を飲む。

 

赤ワインをakadamaで割り、

それを更にオレンジジュースで割る。

 

お酒に身を任せるようなオトナになりたくなったのに、

私はなってしまった。

 

歯止めが利かなくなる前に、

母にはオレンジジュースを隠してもらって、

飲まないようにしている。

 

その代わり、煙草を吸うようになったかもしれない。

毎日吸うのはこれからどんどん本数が増えていく兆候だから、

今、出来るだけ減らしている。

 

私は父が嫌い。

だから父のしてきたことをしたくない。

 

すぐ人に怒るところ、人を振り回すところ、

煙草を吸うところ、お酒を飲むところ。

 

でも血は争えないんだろう。

私はどんどん父に似てきてしまっている。

 

薬で抑えきれない自分が湧いてくることに対して悩んでいた私に、

友達が「それが本当の自分だよ」と教えてくれた。

 

私は何か思っても、すぐに飲み込んで、

口に出さない。その言葉が貯まっていき、ヘドロになっていき、

身体を蝕み、呪いになって、それが巡り巡り、心を犯しているのだと思う。

 

だからきっと私は薬を飲んだ時の自分の行動をよく覚え、

本当の自分と向かい合わなければいけない。

 

どんなにみすぼらしくて、最低な自分だったとしても。

 

それがもしかしたら、

自分の症状を治癒できる唯一の手段なのかもしれない。