晴れを待ちわびて

トラウマを抱え、自律神経失調症になりながらも、懸命に毎日生きていく日常ブログです。

「いつでも言って」の魔力

よく言われる言葉。

「いつでも頼ってね」「いつでも言ってね」

 

そう言ってくれる人は沢山居る。

でも本当に辛い時、それを続けてくれる人は少ない。

 

単発で救ってくれるだけ感謝すべきなのかもしれない。

でも悩みというのは長期的になることが多く、

長きに渡る支えが必要となる場合が多い。

 

それを理解できる人は、

その沢山の中で1人も居ない時がある。

 

それを絶望と言う。

 

私が悩み相談を受けるときは、

本当の意味での「いつでも」という意味を込め、

さらに長期的になると考えて、スタンバイしている。

 

会いに行ける距離なら、

会いに行って話を聞くし、

電話できるなら、いつだって電話をする。

 

でもここまでのことを望んではいけないと思いながらも、

いつか誰かがこの行いへの返しをしてくれないだろうか、

と傲慢な願いを今日も密かに思っている。