晴れを待ちわびて

トラウマを抱え、自律神経失調症になりながらも、懸命に毎日生きていく日常ブログです。

コロナでの弊害と予期せぬきっかけ

コロナウイルスが流行ったのはもう2年前。

私が前の会社を辞めたのも2年前。

 

もうそれほど経つか。いや、そんな遠くない過去なのに、

凄く遠く感じるのは何故だろう。

 

元々職業柄マスクすることは当たり前だったので、

特に変わった感覚はしない、と言い切りたいが、

やはり時々屋内でマスクを外したいという欲求に駆られる。

 

永遠とこうなのかもしれないという定説が

私たちをより苦しめている気がする。

 

私はコロナウイルスが全国に流行したことで、

一時的に会社の業務が無くなり、連休になった。

 

そのお陰というべきか、

無理をしていた身体に無理をしようとしても、

動かなかった。

 

会社へ行きたくない。行けない。怖い。

 

そんな思いを駆られ、

私は休職し、その後退職をした。

 

母は言った。

「コロナがなかったら、きっとずっと無理してた」と。

 

たぶんそうだと思う。

おばさんたちからの辛口な視線と悪口に毎日怯えながら、

業務をこなす日々で、たぶんある時にポキッと折れていたと思う。

 

世の中でもリモートが増えたことで、

いい面と悪い面があったと思う。

 

ただ、それで増えたのは、

圧倒的に悪い面だと思う。

 

収入が減った人や、会社が倒産した人、

息抜きができなくなってしまった人――。

 

数えきれないほどに。

 

私も毎年の旅行が出来なくなった。

20歳の時には、台湾か韓国に行っている予定だった。

 

大阪、埼玉、福岡へ行った私は、

海外へ行きたかった。

 

だがその夢もしばらくお預け。

 

もう少しコロナが落ち着いてくれれば、

道内旅行を楽しみたい。